好転反応について

好転反応とは、調整反応とも呼ばれ、漢方やある種の健康食品・健康器具などを利用する際、初めに現れる現象です。これは、数々の新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れで、身体が順応するまでの一時的な現象です。
例えば、ひざまづいて座っていた人が急に立ち上がると、血行がよくなります。そのために足がしびれます。それらは、改善の現れであり、本来の状態に戻るために現れる変化です。この様な現象を『好転反応』といいます。

好転反応の現れ方は、優れて個人差があります。
好転反応の個人差については、遺伝的要素、生活環境(食生活、精神的条件、建物条件、騒音、公害影響、その他)の条件によって千差万別であるため、現れ方も異なります。 その他、過去の病歴、現在の病的状態(合併症等)など、複雑な条件・変化などにより、軽重は様々です。

好転反応は
1.傷ついた細胞が新しく生まれ変わる時
2.体内の有害物質が排出される時
3.血液やリンパの流れが活発になる時に現れます

好転反応は下記のようになります。

1. 弛緩反応 【症状:だるい、眠い、倦怠感など】
今まで病的状態でいたある臓器が、本来の機能を回復し始めると、他の臓器もその病的状態にあわせて活動していたので、一時的に各器官同士のアンバランス状態が起きます。少し経つと安定してきます。
2. 過敏反応 【症状:便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗など】
急性の病状が慢性となってその状態で安定しているとき、病気に対して強力な援助が加わると、慢性の前の急性状態に一時的に戻ります。 又、数ヶ所が(例えば胃、腸、肝臓と3つとも)調子が悪いときは、一番悪い所から反応が出始めて、そこが改善されると、次に悪いところが身体に感じてくるという様に、順番に反応が現れます。 特にリュウマチ、神経痛、痛風などは、時間をかけて根気よく治す必要があります。
3. 排泄作用 【症状:吹き出物、発疹皮膚の変化、目やに、尿の色の変化など】
身体の解毒作用の現われで,体内の老廃物・毒素・疲労素を分解・排泄するときに出る反応です。汗、尿、便、皮膚に反応が現れます。
4. 回復反応 【症状:発熱、痛み、吐き気、腹痛、だるさ】
今まで血行の悪かった所が改善され、うっ血していた汚れた血液が一時的に回り始めるときに現れます。血液が浄化され、血行がよくなるにつれ、調子が良くなってきます。